Introduction

はじめに

当初は琉球大学工学部の授業の一環として実施していたLSIデザインコンテスト・イン沖縄は, 2016年で早いもので第19回を迎えます.その間に,国内の大学・高専からの参加が大幅に増えたばかりでなく, アジアを中心に韓国,インドネシア,ベトナムなどの海外の大学からの参加も順調に増え, 今や100件以上もの応募がある大規模な設計コンテストと成長しました.

さて,今年のLSIデザインコンテスト・イン沖縄の設計課題は,「画像のパターンマッチング」 演算ユニットのハードウェア設計がテーマになります.

LSIデザインコンテスト・イン沖縄では,2008年から優秀な設計チームに電子情報通信学会 (スマートインフォメディアシステム研究会) のアワードを贈呈しています.こうした賞を目指し, 学生の皆さんのこれまで以上にユニークな設計を期待しています.どうぞ奮って挑戦してください!

なお,優秀者には沖縄で行われる発表会へ招待し,参加者全員にオリジナルTシャツが出る予定です.

Transmission system

© OCVB

ENJOY HDL! 沖縄で会いましょう!

What's New!

  • (2016/3/18)  審査結果を掲載しました。.
  • (2016/3/11)  発表者の予稿集をアップロードしました.
  • (2016/3/5)  当日の発表方法についての詳細を追記しました.
  • (2016/2/9)  開催プログラムを掲載しました.
  • (2016/2/5)  国内の締め切り延長を行いました.
  • (2015/10/1)  2016年度版ページを開設しました.

予稿集

発表方法について

  • 3月11日の開始時間はPM1:00です。
  • 1チームにつき発表時間10分、質疑応答5分です。
  • パワーポイントファイル(10枚以内)を準備してください。

募集要項

  • 設計仕様書
  • 参加資格 :  大学・高専生による3人以下のチーム
  • 最終レポート締め切り :  2016年1月29日(金) → 2月7日(日)  (延長しました 16/02/05)

  • レポート提出
  • 本資料では、Synopsysの開発ツールSynphony Model Compilerを使用しましたが、アーキテクチャ・設計ツールの選択は自由です。
  • 質問などのお問い合わせ :  EMAIL

審査のポイント

  • 速度、回路規模だけでなく、アーキテクチャのユニークさ、アイディア、面白さを十分考慮して審査します。
  • 大学院生、学部学生、高専生のレベルに応じて審査します。
  • 仕様書に従ってまじめに作るのも良いが、面白いアイディアを歓迎します。他人と違ったことをしましょう!
  • 仕様の部分変更など、柔軟に受け付けます。

開催会場

  • 会場名 :  〒903-0213 沖縄県西原町千早1 琉球大学50周年記念館
  • キャンパスマップ30番
  • 日時    :   2016年3月11日(金) 13:30 13:00 〜18:00  (訂正しました 16/02/05)

開催概要

LSI Contest 実行委員

実行委員長 九州工業大学情報工学部電子情報工学科 尾知 博
   審査委員長 琉球大学工学部情報工学科 和田 知久        
   委員 九州工業大学情報工学部電子情報工学科 黒崎 正行        
   委員 琉球大学工学部情報工学科 吉田 たけお


主催: LSIデザインコンテスト実行委員会,沖縄県

   共催: 琉球大学工学部,九州工業大学情報工学部
           
   協賛: 日本シノプシス合同会社,電子デバイス産業新聞(旧半導体産業新聞),ギガファーム株式会社
       電子情報通信学会スマートインフォメディアシステム研究会
       株式会社アナログ・デバイセズ,公益社団法人沖縄県情報産業協会

   後援: 国立沖縄工業高等専門学校,CQ出版社